ゼロイチ

WordpressやWEB技術ネタ

Wordpress

WordPress-新規投稿をデフォルトで非公開に設定するプラグイン RA – New Post Auto Set Status “Private”

投稿日:2017年5月4日 更新日:

新規記事を書くとき、スラスラーと書き上げて「ハイ、公開!」なんて人は少ないと思います。

少しずつ刻んで記事のボリュームを増やしていったり、作業を中断せざるを得ない場合など、ひとまず「非公開」設定にしておくケースが多いと思います。また、時間をおいて誤字脱字のチェック・推敲といった作業も必要です。

うっかり更新ボタンを押して「まだ途中なのに公開してしまった!」と後悔しないように対策しておきましょう。

うっかり公開しないためのプラグインが【New Post Auto Set Status “Private”】です。

このプラグインをインストールしておけば、公開ボタンを押下しても、一旦【非公開】状態になり、不測の事態を防ぐことができます。

しっかり記事の内容を確認し、本当に公開したい場合は、【非公開】になっている公開状態を変更し、【公開】に設定して更新ボタンを押下すればOKです。

ただし、このプラグインはデメリットもあります。記事を書き終えて問題無し!となってスグに公開したい場合でも、一度非公開状態を経て、公開に切り替えないといけないという点です。

煩わしいと感じるかもしれませんが、私は安全な運用が第一と考えていますので、このプラグインはオススメです。

それでは、インストール手順です。

New Post Auto Set Status “Private”をインストール

管理画面よりプラグイン>新規追加を選択します。

プラグインを検索します。キーワードの欄に【New Post Auto Set Status “Private”】と入力します。

【New Post Auto Set Status “Private”】を見つけ、「今すぐインストール」ボタンを押下します。

そのままプラグインを有効化します。

特に設定する項目は無いので、以上でインストールは完了です。

注意点

ちなみにプラグインを有効化した後で、投稿を新規追加しても公開状態やボタンが【公開】のままになっています。また、記事を書いてもその文言は変わりません。

これじゃあ今までのままではないか!と思われた方。安心してください。

プラグインが有効化されている状態で、新規投稿時に【公開】ボタンを押下した場合は、自動的に非公開状態にプラグインが処理してくれます。

とはいえ、最初は不安もあると思います。そういった場合は動作確認してみてください。

実際にテスト用の投稿を作成して公開ボタンを押してください。すると「公開状態」が「非公開」になると思います。

以上です。おつかれさまでした!

PR

PR

-Wordpress

管理人

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

SearchConsoleに「AMP ページのエラーを修正してください」のメッセージに瞬殺対応した件

毎日の日課でSearch Console を覗いてみると珍しくメッセージが表示されていました。内容は以下のようなもの。 AMP ページのエラーを修正してください。 お客様の一部の AMP ページが弊社 …

SEOに強い!初心者でも簡単!STINGER PLUS+導入手順[WordPressテーマ]

SEOは大事なのは分かっているけど、よくわからないし対策するのは大変。というか面倒。。 そんな面倒くさがりたちへの強い味方【STINGER PLUS+】(スティンガー+)をご紹介します。 【STING …

Googleアドセンス最適化!「Accelerated Mobile Pages(AMP)を取得しましょう」に対応する手順

アドセンスの管理画面に最適化が表示されていました。以前に対応した項目とは別の内容だったので早速対応してみました。 今回表示されていたのは以下のような文言でした。 Accelerated Mobile …

自動で目次作成!WordPressプラグイン Table of Contents Plusのインストール・設定

記事をいかに見やすく書くかはブロガーの命題です。段落の区切りや全体の構成など考えられる手段は多くあります。その中でも一番読者の目に触れやすいのが、記事の目次です。 この記事はいったい何について書かれて …

WordPress デフォルトでリンク先を別タブで開くプラグインWP External Links

外部リンクはできれば別のタブで開きたいですよね。同じタブで開いてしまうと、新しく開いたサイトに集中するあまり、自分のサイトのことは忘れられてしまいがちになります。外部リンクは別タブ、内部リンクは同じタ …